分かってもらえると癒される

 

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_s

 

悲しみの乗り越え方~感じ切る~の続きになります。

悲しみは、身体の感覚として感じ切ることで癒されるという話をしました。

今回は、その他の悲しみの乗り越え方を紹介します。

 

まず1つ目は、人に話を聞いてもらうことです。

人間は、誰かに自分のことをや分かってもらいたいと思っています。

共感してほしい。理解してほしいんです。

誰かに、自分の抱いている感情を共有してもらえると癒されます。

 

何か悲しいことが起こった時、一番簡単に心の傷を癒す方法はこれです。

悲しみを乗り越えるために、話を聞いてもらうのは、簡単で効果も高いです。

しかし、注意点があります。

それは、話す相手があなたの話をどう聞くかです。

 

話す相手によっては・・・

 

無視されたり、否定されたりすると、逆効果です。

もっと悲しくなります。

どんな相手に話すかはすごく大切です。

 

あなたのことを分かろうとしてくれる人。

ちゃんと話を聞いてくれる人。

否定しない人。

そういう人に話を聞いてもらいましょう。

 

カウンセラーやセラピストなど、プロに聞いてもらうのも一つの方法です。

相手は、選ぶ必要があります。

 

スポンサーリンク

[gads]

 

感謝をすること

 

悲しみを乗り越える方法の2つ目は、感謝をすることです。

悲しみという感情は、喪失感から来ています。

あなたが、より大事だと思っていたものを失ったときほど、悲しみは大きくなります。

悲しいのは、失ったものが、あなたにとって大事なものだったということです。

 

だからこそ、まずは、その失ったものがあなた自身にとって、大事なものだったと知ることです。

そのうえで、感謝しましょう。

 

それは、あなたにとって大事な人、存在かもしれません。

大事な物かもしれません。

大事な想い、価値観かもしれません。

 

その大事な存在に感謝しましょう。

その存在が当たり前にあるものではなかったこと。

自分にとって、大事なものだったこと。

そういったことに気づけたこともあなたの人生に大事なことです。

 

急がないこと

 

そして、最後に、急がないことです。

その悲しみは、あなたの心の傷が癒されるまでのカサブタです。

無理に動く必要はありません。

悲しみは、心の傷が癒されると、自然と治まってきます。

 

ぜひ、自分を責めず、無理をせずに、自然に治まるまで自分を癒してあげてください。

他人に話を聞いてもらうのも大事ですが。

あなた自身が、あなたの想いや感情を無視しないことです。

あなた自身も、あなたの想いや気持ちを聞いてあげてください。

 

 

[gads2]

 

スポンサーリンク

[gads]