手相鑑定のときに、僕がまず観るのは、「幸運のサイン」です。

だって、「幸運のサイン」って嬉しいじゃないですか。

僕は、手相で「幸運のサイン」「幸運の前兆のサイン」を探すことにかけては、自信がありますし。
あえて、これから探すようにしてます。

目の前の人の「幸運」を探すことは、
目の前の人の「幸せを後押し」することだと思っています。

だから、皆さんにも、
・ご自身の手相
・周りの人の手相
を観るときには、ぜひ、「幸運のサイン」を見つけることをやってほしいなって思ってます。

なので、今回の記事では、
手相に現われる「幸運のサイン」「幸運の前兆のサイン」をお伝えしていこうと思います。

幸運のサイン①『スター線』

まず、手相に現われる「幸運のサイン」から紹介していきます。

1つ目は、「スター線」です。

米印のように、3つの線が綺麗に中心で交わってる線のことを言います。

「スター線」は、手のひらのどの場所に現れるかによって、意味が変わってきます。それも紹介したいと思います。

親指の下(金星丘)

『愛情面で幸運が訪れるサイン』

恋愛、結婚、パートナーシップ、子どもに関することで、
「幸運の訪れ」を示すサインです。
「モテ期の到来」を表すサインでもあります。

人差し指の下(木星丘)

『夢が実現するサイン』

思い描いていた夢が実現するとき。

中指の下(土星丘)

『努力が報われるサイン』

コツコツと努力してきたことが報われるときが来ていることを示しています。
また、「待ち人来たり」という意味もあり。
良縁に無具まれるチャンス到来を示すサインとも言われています。

薬指の下(太陽丘)

『幸せが訪れるサイン』

大きな幸運がやってくる時期です。
多くの手相の本には、特に「金運」に恵まれる時期とされています。
僕自身が、お客様の話を聞くと、この時期は、
「人間関係(出逢い)に恵まれる時期」であることが多いです。

小指の下(水星丘)

『仕事での成功を掴むサイン』

仕事運、財運が良い時期です。
仕事において成功を収めたり、ビッグチャンスに恵まれるような時期を表すサインです。

幸運のサイン②『フィッシュ』

2つ目は、「フィッシュ」です。

何リットルの「ℓ」みたいな形のサインです。

「魚」は夢占いでは、「幸運」を表す象徴です。
手相でも、「魚」の形は、「幸運」を表すサインです。

この線は、手のひらのどこに現われても、
「幸運」を表す線だと言われています。

実際に、多くのお客様の手相を観る中で、分かったことですが、
「スター」よりも「フィッシュ」のほうが現れるのは珍しいです。
そういう意味では、より希少で珍しい「幸運のサイン」です。

現われる場所ごとの意味は、基本的に「スター」と同じなので。
現われる「丘」の場所ことの意味は省きます。

主要線の上に出ても「幸運」を表すところは、
「フィッシュ」ならではなので。
主要線上に現れる「フィッシュ」の意味だけお伝えしたいと思います。

ただ、この分野だけと制限する必要はなく、全体的に幸運に恵まれる中で。
特に、この分野で分かりやすく、顕著に現れやすい。
そういう捉え方で良いと思います。

生命線の上

特に、

「健康」
「愛情面(恋愛、結婚、パートナーシップ、子ども)」

に関することにおいて。

知能線の上

特に、

「才能の開花」
「仕事の成功」
「学問、勉強、資格」

に関することにおいて。

感情線の上

特に、

『恋愛』
『人間関係』

において。

運命線の上

運命線は、『人生』『成功』表す線ですから。
人生において、大きく運気が好転することの表れ。
『大きな成功』を表すサインです。

良い出逢いに恵まれる兆し。

結婚線の上

特に、『結婚』です。

「運命的な出逢い」
「素敵なご縁に恵まれる」
「婚期の到来」

を表すサインだとされています。

幸運の前兆のサイン①『トライアングル』

次は、「幸運の前兆」を表すサインを紹介していきます。

1つ目は、「トライアングル」というサインです。

名前からも分かるように、「三角形」のことです。
これを実際に手相で見ると、「スター線」のなりかけのような形の「三角形」が多いことに気づきます。

「スター線」のどれか1本の線がズレると、「三角形」の形になるんです。
僕は、そういった意味で、この線は、「幸運の前兆のサイン」になってるんじゃないかなと思っています。

親指の下(金星丘)

『愛情面での幸運の前兆のサイン』

「人惹きつける魅力」が増すことを表すとされています。
恋愛のチャンスがやってきたり。
健康面での回復の兆しを表すサインでもあります。

人差し指の下(木星丘)

『夢実現の前兆のサイン』

夢実現のチャンスがやってくるとき。

中指の下(土星丘)

『努力が報われる前兆のサイン』

これまで頑張ってきたことの成果が見えだすとき。
光明が見えだすとき。

薬指の下(太陽丘)

『幸運の前兆のサイン』

「金運」と「人間関係(出逢い)」において、幸運期がやってくる前兆を表しています。

小指の下(水星丘)

『仕事運、金運に恵まれる前兆のサイン』

特に、仕事において、才能が花開き出したり。
新しいチャンスがやってきたり。
広がりをみせていくサインです。

幸運の前兆のサイン②『スクエア』

幸運の前兆のサイン2つ目、「スクエア」というのは、
つまり、「四角形」のことです。

この四角形のサインは、
『逆転運』『一発逆転』『逆境を乗り越える』『危機から救われる』
のような意味があります。

「今、壁にぶち当たっている。
もしくは、これからぶち当たる。
だけど、その先に大きなプレゼントがありますよ。」

僕は、そういう解釈をしています。

親指の下(金星丘)

愛情面で、課題や壁にぶつかる時期かもしれません。
しかし、このサインは、それを乗り越えられるという意味も同時に持ちます。

「壁にぶつかるけど、ちゃんとそれを乗り越えられますよ。」
と伝えてくれているサインです。

「成長のための課題」にぶつかるときと思ったらいいかなと思います。

人差し指の下(木星丘)

人差し指の下(木星丘)に現われる四角形のサインのことを、

『聖職紋』『玉井紋』『ボランティア線』
という名前で呼びます。

「人から尊敬される生き方をする人」
「人のために生きる人」
「高尚な生き方をする人」
という意味があり。

才能としては、
「人を導く」「人を育てる」「教える」才能を持っている人です。

もちろん、そういった才能を磨くまでには、相応の課題や壁にぶつかり、乗り越えていくような成長のプロセスもあると思います。

中指の下(土星丘)

目の前の壁が現れる、課題に直面する時期かもしれません。
しかし、この試練を乗り越せた先に、大きな気づきや成長、幸運が待っています。

薬指の下(太陽丘)

「金銭面」もしくは「人間関係」において、
課題や壁にぶつかっている時期かもしれません。
しかし、それを乗り越えた先に、大きな幸運がやってくることを表しているサインです。

小指の下(水星丘)

仕事面において、課題や壁にぶつかる時期かもしれません。
ただ、同時に、それをちゃんと乗り越えられる兆しも含んでいます。

誠実に向き合うことで、自分の成長に繋がったり。
大きなチャンスや成功を掴むようなキッカケになりそうです。

手のひらを見て「幸運」を探そう。

この記事を参考にして、「幸運」探しをやってみてください。

大切なことは、自分でそう見えたら、それでいいってことです。
疑わないってことです。
周りに正解を求める必要はありません。

手相はその人の「心」を反映しています。
つまり、「何を信じているか」も反映されるということです。

「手相を書くと良い」
というのは、「心」が作用しているからです。
意識すれば、現れるからです。

ぜひ、自分で。
または、家族や友達と
「幸運探し」やってみてください。