結婚線は、恋愛と結婚を表す

 

結婚線

 

結婚線は、恋愛と結婚を主にあらわす線だと言われています。

結婚の時期をあらわしたり、パートナーとの愛情関係をあらわす重要な線です。

まだ結婚していない方は、その時期や線の意味などを参考にして、婚活の参考にしてみてください。

すでに結婚されている方は、パートナーとの関係性やコミュニケーションを見直すキッカケに使って頂けたらと思います。

 

今回は、結婚線が二股に分かれている場合の意味についてです。

 

二股に分かれた線があらわす意味

 

結婚線二股

 

結婚線が二股に分かれている場合パートナーとの一時的な別居を表すことが多いようです。

つまり、パートナーの心が離れている状態

 

もし、実際に単身赴任などの仕事の都合や、家庭の事情で、現実に別居の状態である場合は、それを表していると

考えられます。

物理的なパートナーとの距離をあなたの心が感じて、手に表れているのではないでしょうか。

 

では、今現在、パートナーと同居している場合はどうなのか。

これは、パートナーとの心の距離が離れてきつつあるという注意報、サインではないかと思います。

なので、別居していないけど、二股の結婚線が現れている人は、パートナーとの関係・コミュニケーションを見直すキ

ッカケにしてみてください。

 

スポンサーリンク

[gads]

 

結婚線に平行に現れる線

 

結婚線に平行に現るれる短い線は、『浮気の線』と呼ばれることがあります。

お付き合い・結婚した後も、パートナーとは別に好きな人がいる線だと言われています。

 

結婚線 上短い線

 

結婚線の上側に現れている短い線は、お付き合い・結婚後に知り合った人

 

結婚線 下短い線

 

結婚線の下側に現れている短い線は、お付き合い・結婚前から知り合いの人

だと言われています。

ここは、あくまで参考程度にしてください。

 

つまりは、あなたの気持ちが他の異性に移りかけていることを表す線だと言えます。

すでに結婚している人であれ、お付き合いの段階であれ、

この線が現れている人は、一度、自分の気持ちと向き合う機会をつくるのが良いかと思います。

 

結婚線がたくさんある人

 

結婚線がたくさんある人

 

結婚線がたくさんある人は、浮気しやすい線だと言われることが多いです。

それは、人を好きになりやすく、人から好かれやすいからでしょう。

線の数は、その人は好きになる人数、好かれる人数を表しています。

 

逆に、結婚線がたくさんある人は、恋愛上手な人だと言えます。

確かに、たくさんの恋愛をする傾向にあるようです。

この線は、恋愛に困らない相であると言われることが多いです。

 

それは、その人が魅力的な人だということでもあります。

恋愛だけにとどまらず、仕事や日常生活でも生かせる才能です。

人に好かれることは、感情表現が上手で、コミュニケーション上手だという才能。

すごい才能です。

 

また、人を好きになることは、その人の良い部分をたくさん見つけられるという才能。

これもすごい才能です。

 

結婚線がある人は、ぜひ、この才能を存分に生かしてください。

 

 

[gads2]

 

スポンサーリンク

[gads]