うつ病になる人はどんな人?

うつ病になってしまう人には、共通点があります。

それは、自分の心に素直に生きていないことです。

例えば、仕事が原因でうつになってしまう人が多くいます。

そういった人のほとんどが、仕事が嫌で、うつになってしまう人です。

今の仕事が本当はやりたくない仕事だけど。

人間関係が嫌だけど。

本当は、残業したくないけど。

本当は、休みたいけど。

『生活のために仕方なく・・・』

『家族に心配かけたくない・・・』

『辞めたら、どう思われるだろう・・・』

『仕事は仕事だから・・・』

心の底では、やりたくないことをやっていると、それは徐々に心と身体を蝕みます。

集中力も落ちます。

体調も悪くなります。

人の心は、やらされることを嫌います。

今の仕事が心から好きで、うつ病になる人はいません。

好きなことをやっていて、うつ病になる人はいません。

うつ病には、目的がある!!

ある著名な脳機能学者の人は、

『うつ病の人は、うつ病になりたくてなっている』

と言います。

それは、うつ病になることで、本当はやりたくないことから逃げることができるからです。

やりたくない仕事をしなくてよくなります。

行きたくない職場に行かなくてよくなります。

保障も下ります。

これは、その人の意思ではありません。

その人の潜在意識の本当の想いです。

自分を守ろうとするゆえに、自分をうつ病にしてしまいます。

うつ病にならない人!!

世の中には、うつ病にまったく縁のない人がいます。

そんな人に共通することがあります。

それは、自分らしく生きていることです。

自分の心に素直に生きているということです。

人は、どうしても世間体や周りの人の目を気にしてしまいます。

特に、家族や親しい人の反応を気にしてしまうものです。

しかし、忘れてはいけないことがあります。

どんなに親や家族や恋人や友だちが、あなたのことを心配してくれたとしても。

あなたのことを思って、意見をくれたとしても。

あなたの幸せを保証できる人はいません。

あなたを幸せにできるのは、あなただけです。

人生は、自己責任です。

自分の選択で、人生は進んでいきます。

今いる自分の環境にいることを選択したのは、自分自身です。

今の仕事を選んだのは、自分自身です。

今の人間関係を選んだのは、自分自身です。

これは、つまりは、自分の選択次第で人生は変えられるということです。

今の人間関係が嫌なら、捨ててもいいんです。

今の仕事が本当は嫌なんだったら、本当に好きな仕事を探し始めてもいいんです。

自分の好きなことをやってもいい!!

本当に望む生き方を始めていい!!

自分の心に素直に生きるようになること。

それが、うつ病にならない人の共通点です。