こんなときどうする?

何もやる気がでない・・・

こんな時ありますよね。

実は、やる気がでないにもいろんなパターンがあります。

  • どうしてもやらないといけないことがあるのに・・・
  • せっかくの休みなのに・・・
  • 仕事や学校に行かないといけないけど・・・

どんなパターンであれ、これだけは守ってもらいたいことがあります。

それは、自分に無理やりやらせないことです。

無理やりやらせると、ストレスが溜まってきます。

これは、人に無理やり何かをやらされる時ってそうですよね。

それは、自分が自分に対してであっても同じです。

自分に説教をしないでください。

自分を責めないでください。

自分は自分の奴隷ではありません。

大事な友達のように接する!!

自分の大事な友達が、

『今日は、何もやる気がでない・・・』

そう言っていたら。

あなたは、大事な友達にどんな声をかけますか?

『どうしたの?』

『何かあったの?体調悪いの?』

それが、どうしてもやってもらわないと困ることなら・・・

『無理しないで、ゆっくりやったらいいよ。』

『無理させてごめんね。』

『終わったら、美味しいもの食べに行こう。』

休みの日だったら・・・

『たまには、ゆっくり休んでもいいんじゃない?』

仕事や学校に行く日なら・・・

『無理しなくていいよ。』

自分を大切にする!!

自分のことを大切にしましょう。

それは、何でも甘やかすことでは決してありません。

その人が、もしも大事な友達なら、時に厳しいことを言う必要もあります。

それは、自分に対しても同じです。

本当にその人のことを思うなら、その人が成長するように導くことも大切です。

そのうえで、自分に対しての声のかけ方はすごく大事です。

言葉づかいも。

『なんでできないんだ!!』

『バカ!!』

『やないとダメだ!!』

そうではなくて、

『やってみよう。』

『できるよ。』

『無理させてごめんね。』

自分がやる気のでないこと、やりたくないことをやってもらうときは、自分自身に対しても、

ねぎらいの言葉をかけてあげてください。

とっても簡単なやる気の出し方!!~その1~

カンタンにやる気を出す方法をいくつか紹介します。

ポイントは、五感を変えることです。

1つ目は、好きな音楽を聴くこと

特に、アップテンポの曲を聴くことをおススメします。

耳から入る、音楽、言葉は心の状態をカンタンに変化させます。

自分のなりたい心の状態に合わせて、プレイリストを作っておくといいです。

やる気を出したいとき。

テンションを上げたいとき。

リラックスしたいとき。

しんみりしたいとき。

泣きたいとき。

自分の感情をコントール出来るようになります。

すると、感情に流されたり、はまり込んでしまうこと防げます。

とっても簡単なやる気の出し方!!~その2~

2つ目は、美味しいものを食べること

まず、心と身体は深くつながっています。

身体の栄養不足は、心にも影響します。

また、ポイントはやる気の出るイメージのものを食べることです。

焼肉をガツガツ食べてる人が、

『何もやる気がでない・・・』

と言ってるイメージできますか?

「いやいや、めっちゃ肉食ってますやん!!」

となりまよね。

自分の中で、やる気=〇〇なものを食べてみてください。

とっても簡単なやる気の出し方!!~その3~

3つ目は、運動です。

人間は、心拍数が上がると、興奮します。

身体が興奮すると、心も興奮します。

心のテンションを上げるためには、心拍数を上げることは効果的な方法です。

どうしてもやる気を出さないといけないときは、ジョギングしてみたり、腕立て伏せしてみたり。

その場でカンタンに出来ることで構いません。

何でもいいので、息が上がることをやってみてください。

感情は身体で感じるものです。

身体の状態しだいで、感情は変化します。

3つのやる気を出すポイントを紹介しました。

ぜひ、自分が無理なく自然にやる気を出せる工夫をしてみてください。

『やる気を出せ!!』

では、人間はやる気は出ません!!

ぜひ、心の仕組みをうまく利用しましょう。

そして、大事な友達と接するように自分の心にも接してあげてください。