心の病と薬

現代では、うつ病などの心の病を患ってしまう人が多くいます。

そういった人たちが、心の病を治すために使う方法が抗うつ剤などのです。

しかし、こういった薬には注意が必要で、しっかりした認識が大切になります。

実は、薬では心の病は治りません。

薬では、感情をコントロールすることは難しいです。

心の病の本質

心の病の本質は、その人のものごとの捉え方、考えかた、思いグセが関係してきます。

これは、身体の病気とも共通して言えることです。

病の本質は、その人の習慣です。

身体の病気の多くは、生活習慣病と呼ばれるように、日頃の不規則な生活や不摂生です。

生活習慣病を防ぐ・治すための最初のポイントは、身体に健康な生活習慣を知ることです。

そして、その健康な生活習慣を身につけることです。

これは、心でも同じことが言えると思います。

心にとって健康な習慣を知ること。

そして、その習慣を身につける必要があります。

薬との付き合い方

抗うつ剤などの薬が悪者だというわけではないです。

これらは、痛み止めと似ていると思います。

歯が痛いとき、お腹が痛いときなどは痛み止めが必要な場合はあります。

そんなときは、治すよりも痛みを止める必要があるでしょう。

そういった意味では、心の病にも薬は必要です。

しかしながら、それはあくまで痛み止め。

自分の感情の浮き沈みをコントロールできるものではありません。

痛みを止める⇒治すということが必要になってきます。

心の病を治す

心の病を治すこと、感情のコントロールをすることは、カウンセリング心理療法の領域になってきます。

自分の思いグセを知って、自分を苦しめている思考に気づくこと。

五感やイメージ、思考、行動などのアプローチを使って、自分を癒していきます。

そして、徐々に、自分を苦しめていた思いグセや思考を捨ていきます。

新しい心の習慣をつくっていきます。

心の病の予防には!!

心の病を予防するには、自分自身が心についての知識を学んでいくことが最適です。

その中で、ちょっとずつ考え方を変えていくことができます。

自分の心を、自分でメンテナンスすることが出来るようになります。

感情をコントロールすることが出来るようになります。

まずは、健康な心の習慣を知っていくこと。

次に、自分の心の状態に気を配ること。

そして、心の健康を保つようにメンテナンスすること。

身体でもそうですが、病にかかると苦痛も費用もバカになりません。

心も同じです。

薬を使うことのないように、予防することが何よりです。

ぜひ、身体のメンテナンスはもちろん。

心のメンテナンスも日頃から行うようにしてみてください。