他人に影響されやすい人

 

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

 

『今日は、上司の機嫌が悪そうだ。嫌だな。』

『~さん、落ち込んでるみたい。なんだか私も沈んじゃうなあ。』

『うちの子は、大丈夫かな。心配だ。』

 

職場や家族、友人関係など。

周りの人の気分や感情によって、感情の浮き沈みをしてしまう人。

他人の心配をしずぎて、自分が振るまわされる人。

周りの人の目や、機嫌が気になる人。

 

おそらく、好きで影響されている人はいないでしょう。

なぜか、抜け出せずにいる。

このせいで、かなり辛い人もいるでしょう。

 

私は私。あなたはあなた。

 

こういった周りに影響されやすい人は、しっかり他人との距離感が保てないことが原因の1つにあるようです。

人は、それぞれ別の人間です。

それが、たとえ恋人や夫婦だろうと。兄弟であろうと。親子であっても。

あなたは、あなた以外の人とは別の人間です。

 

価値観や人生観、考え方。性格。

好き嫌い、得意不得意。

経験や年代、環境。

顔、体、身長、体重。髪型。

 

親子・兄弟だから、容姿が似ているかもしれません。

似たようなクセがあるかもしれません。

しかし、あなたは、あなた以外の人とは別の人間です。

 

だから、あなたの親や子供、兄弟の抱えている悩みは、あなたの悩みではありません。

あなたの恋人、パートナー、友人の抱えている問題は、あなたの問題ではありません。

それは、経済的な問題であろうと、人間関係の問題であろうと、性的な問題であろうと、

それらを解決すべきは、その人本人であるということです。

 

家族が何かに悲しんでいるとき、寄り添ってあげることはできても解決はできません。

友人が何か大きな問題を抱えているとき、相談に乗ることはできても、代わってあげることはできません。

上司が、機嫌が悪そうにしていても、それはその上司の問題。あなたには関係のないこと。

道端で、怒っている人がいても、その人が怒っているだけ。あなたの問題ではないということ。

 

スポンサーリンク

 

しっかり他人との距離感を保つために!!

 

他人との距離感を保つ方法をいくつか紹介します。

1つ目は、あなたの問題と、他人の問題とをしっかり区別することです。

 

『私は私。あなたはあなた。』

 

人生には、その人の成長のために与えられる課題があります。

それは、人それぞれ違うものです。

他人の課題を解決しようとしてしまう人。介入してしまう人。

そういった人は、相手の成長を邪魔しているともいえます。

 

それがが本当に相手のためになるのか、一度考えてみましょう。

おせっかい。過保護が愛情だとは私は思いません。

おせっかい。過保護は、その人の問題解決能力を奪う行為でもあります。

その人の、生きていく力を弱めます。

 

イメージで境界線を引く!!

 

2つ目は、イメージの中で境界線を引くことです。

自分と相手。

それぞれに1本ずつ引きます。

 

自分のテリトリーと、相手のテリトリーをしっかり分けます。

その間が共有ゾーンです。

自分は、相手のテリトリーの中には入らないこと。

相手を、自分のテリトリーの中に入れないこと。

 

自分と相手のプライバシーな部分。

立ち入ってはいけない部分があるのは当たり前です。

それは、シェアハウスの中であれば、自分の部屋です。

または、他人夫婦の寝室です。

 

あくまで、自分と相手の心のプライバシーゾーンを尊重しながら、共有できる部分でコミュニケーションを深めていきま

しょう。

人間関係においては、お互いに踏み入れない部分を尊重することも大事です。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク