運命線でわかること♪

運命線は、こんな線です。

運命線でわかることは、主に、

その人の『生き方』『人生の流れ』になります。

運命線でわかる、『生き方』については、コチラの記事をご覧ください♪

手相の見方①!!~運命線からわかること~

今回は、運命線から『人生の流れ』を読む方法についてご紹介します。

運命線からわかる年齢の読み方

手相には、『流年法』という『人生の流れ』を読む方法があります。

つまり、年齢によって出来事を予測する方法になります。

まずは、運命線の年齢の読み方です。

運命線の場合は、手首の付け根から始まり。

中指の付け根がだいたい100歳だと言われています。

下から上に向かって、人生が流れていきます。

一番読み取りやすい方法は、ちょうどに分割する、真ん中の30歳を基準にして。

4分割の21歳、52歳。

8分割の25歳、35歳、70歳というふうに見ていくのが分かりやすいかと思います。

あとは、ちょうど知能線あたりが35歳になること。

感情線あたりが55歳くらいになると覚えておくと、実践で見やすいかと思います。

運命線に現われるサイン(^^♪

『よし!!運命線の年齢は覚えたぞ!!』

となっても、実は、読み取りは出来ないことが多いです。

なぜなら、運命線に現われる数々のサインの意味を、自分で解釈していかなければいけないからです。

もちろん、いろんな手相のサインの意味を知っておくことは必要になってきます。

なので、ここでは、いくつか代表的なサインをご紹介したいと思います。

まず、1つ目は、こんな線です。

運命線に、途中から合流する線があります。

これはどんな意味になるのか?

この線は、『出会い』を表すと言われています。

おそらく、この手相の持ち主にとって、人生の分岐点になるような出会いなのではないでしょうか?

恋人だったり、結婚相手だったり。

人生における恩師・メンターであったり。

ビジネスにおけるパートナーや親友であったり。

その出会いが「意味するものは、人それぞれです。

切れ切れの運命線(+o+)

2つ目は、こんな線です。

運命線が切れ切れなのは、なんだか怖いんじゃ・・・って思うかもしれませんが。

安心してください(^^)/

そうではありません。

この切れ切れの運命線は、環境の変化を表すサインです。

運命線が切り替わって、別の運命線になったり。

2本になったり、3本になったりするのは、大きな環境の変化を表すというふうに言われています。

それも、人によって出来事の種類はさまざまです。

結婚の場合もあれば。

引っ越しの場合もあります。

ビジネスの発展、拡大を表す場合もあります。

良くも悪くも、環境が大きく変わる。

人生の転換期にある時期だというふうに言えると思います。

大事なこと♪

年齢を読む方法に限らず、手相全般に関して大事なことがあります。

もちろん、いろんな手相の種類、意味を知っておくことも大事ですが。

それ以上に大事なことは、

『その人に何を提供したいのか?』

ということです。

手相は強力です。

自分の手に現われているものだからこそ、信憑性が高いです。

だからこそ、簡単に相手をコントロール出来るかもしれません。

コテンパンに傷つけることが出来るかもしれません。

あなたは、手相を通して何をしたいのかということです。

僕は、

その人を癒したい。

自信になるような気づきを提供したい。

勇気づけたい。

と思っています。

手相の意味を正しく言うということよりも、本当に相手に与えたいものを意識すると。

今回紹介した、運命線で年齢を読む方法は多いに役立つスキルになると思います。

ぜひ、そこを意識したうえで、試してみてください(^^♪