運命線とは?

 

運命線の見方1

 

運命線とは、中指に向かって伸びる線のことを言います。

 

運命線があらわすのは、

『あなたの過去・現在・未来の生き方』

です。

 

あなたの人生のドラマを表している線です。

また、あなたの人生観や価値観・考え方も表れる線だと言われています。

 

それから、流年法という、年齢や時期を読み解く技術によって、生命線に次いで人生のいろんな出来事が

わかってきます。

 

人間関係。

結婚・恋愛の時期。

開運の時期。

障害が立ちはだかる時期。

 

人生のさまざまな情報がつまった線です。

 

太い線と細い線

 

運命線の太さは、その人の生き方が表れます。

 

運命線太い

 

太い運命線の人は、どんな環境においても精いっぱい努力して、充実した生き方をする人と言われています。

実際に、自分の人生に対して、強い意志を持った人に多いようです。

常に、自分なりに学んで、自分の実力・才能を発揮している人に見られる傾向にあります。

努力家の線でもあります。

 

当然ながら、手相は、その人の心を映します。

なので、当人の満足度に左右される線です。

人生が充実していると思うほどに濃くなる線だとも言えます。

 

また、女性の場合は、

『かかあ天下の相』

だとも言われます。

 

社会的に実力を発揮する力がある人で、専業主婦では収まらないパワフルな人です。

その反面、夫を尻に引いて、夫の運気を弱くしてしまうことがあります。

結婚する場合は、家庭に収まるよりも、仕事との両立をはかったほうが本人にも、旦那さんのためにも良いようです。

もしくは、自分以上の夫を持つことが良いと言われています。

 

運命線 細い

 

細い運命線の人は、優しい人に多いようです。

自分を通す生き方よりも、人を支えることが得意な人です。

そして、人を支えることに喜びを感じる人でもあるようです。

 

人に合わせることのできる柔軟さ。

人を気遣う優しさ。

人を支えていく器量。

こういったものを持っている人です。

 

スポンサーリンク

 

運命線の始まり方

 

運命線は、始まる位置によって意味が変わってきます。

 

運命線まっすぐ

 

手首近くから真っすぐ中指に上がる運命線を持つ人は、自分の人生は自分で切り開くという強さと決意を持った人に多いようです。

 

自分なりのこだわりを持っている人であり。

一生懸命な努力家です。

強い熱意を持っています。

 

『天下取りの相』とも呼ばれます。

豊臣秀吉が、小刀で彫ったと言われるのがこの運命線です。

 

運命線 月丘

 

小指の下のほう(月丘)から上がる運命線を持つ人は、他者からの援助や応援、愛情をたくさん受け取ることのできる人です。

誰からも愛される魅力を持った人に多いようです。

『人気運命線』とも呼ばれます。

そのため、アイドルや歌手、芸能人には持つ人が多いと言われています。

 

人に頼ること、甘えることが得意な傾向にあります。

人の力を借りることが上手な人です。

この線を持っている人は、ぜひその才能を活かしてください。

人とのつながりを大事にすること成功や幸せのカギになってきます。

 

運命線 金星丘

 

親指の下のほう(金星丘)から上がってくる運命線を持つ人は、家族や身内との関わりを大事にすることで人生を豊かにしていく人に多いようです。

知り合いや身内から、幸運やチャンスを提供される手相だとも言われます。

家族や身内に対して大事に関わることが、あなたの幸運のキッカケになることがあるようです。

 

手相の見方②!!~運命線の種類~続きます。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク