感情線で、何がわかるの?

 

感情線

 

ここでは、感情線の見方について説明していきます。

感情線は、その名の通り、人の感情や心の性質について読み取ることのできる線です。

そのため、現在の気持ちの浮き沈み、コミュニケーションの傾向や、恋愛の傾向なども分かります。

その人の人柄がよく表れる線です。

 

感情線の長さ

 

感情線長い

 

感情線が長い人は、粘り強く、我慢強い人が多いようです。

物事を継続していくことが得意な傾向にあります。

情熱が続く人です。

 

その反面、未練が強かったり、恨みがましい部分もあるようです。

気持ちの切り替えが苦手で、手放すことが苦手な傾向があります。

 

感情線短い

 

感情線の短い人は、あっさりしたクールな人が多いようです。

さわやかな印象で、冷静で人との距離感をうまく保てる人。

そして、物事を手放すことが得意な傾向があります。

 

その反面、人への関心が薄かったり、薄情に感じられたりする部分もあるようです。

また、諦めることが早く、飽き性な傾向にあります。

 

感情線の始まる部分

 

感情線高い

 

感情線の始まる部分が高い人は、人生を楽しみやすい人に多いようです。

陽気な性格で、楽天家な傾向があります。

感情表現が豊かな人が多いようです。

 

その反面、真剣味が足りない傾向にあります。

人の話を聞かない、不真面目、テキトーな人に見られることが多いようです。

 

感情線低い

 

感情線の始まる部分が低い人は、冷静沈着で、堅実な人が多いようです。

感情の浮気沈みが少なく、しっかり自分の感情をコントロールできる人だと言えます。

大人の対応ができ、あまり動揺したりしない傾向にあります。

 

その反面、人間味がなく、面白くない人に思われることも多いようです。

感情を表すのが苦手で、我慢しやすい人でもあります。

純粋に人生を楽しみにくいという傾向もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

感情線の濃さ

 

感情線濃い

 

感情線の濃い人は、感情表現の強い人が多いようです。

感情表現が豊かな傾向にあります。

他人に対して、自分の気持ちをしっかり伝えられることが出来る人でもあります。

 

その反面、自己中的になり、他人への配慮が欠けてしまっていたりする傾向があります。

他人への思いやりや、気配りに目が向いていない傾向があるようです。

 

感情線薄い

 

感情線が薄い人は、思いやりのある人です。

自分のことよりも、他人の気持ちを優先しやすい傾向にあります。

空気を読んだり、人への思いやりや気配りができる人です。

 

その反面、自分の感情表現が苦手な人が多いようです。

他人の顔色を気にしすぎて、自分の気持ちを言えなかったり。

何かと、我慢してしまいやすい傾向にあります。

 

バランスも大事!!

 

感情線は、その人の心の状態を表すバロメーターでもあります。

どの線にも長所と短所があります。

ぜひ、長所は大事にしてください

そこは、あなたの性格の素晴らしい部分です。

 

短所の部分は、バランスを欠くと、表れてくる部分になります。

他人への優しさも、度を超えると、過保護になったり。

自分の気持ちを押し殺して、苦しんでまうということにもなります。

 

あなたの性格の長所を大事にしてください。

そして、その裏側にある短所も知ったうえで、バランスも大事にするようにしてみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク