知能線が二本ある人

 

二重知能線

 

知能線とは、手相の中でも、その人の考え方や性格、才能・能力を表している線だと言われます。

頭脳線とも呼ばれるこの線は、まさに頭の中を表す線だと言えます。

 

 

この知能線が2本あることを、『二重知能線』と呼びます。

この線を持つ人は、まさに2つの性格、才能を持ち合わせている人だと言えます。

2つの全く違う仕事を同時にこなしていける器用な人です。

そして、多芸で話が上手な傾向にあります。

 

その分、とても魅力的な人で、人気者の素質を持つ人です。

 

2つの性格を持つ人

 

二重知能線を持つ人の中には、その2つが全く違う意味合いを持つ線の場合が多くあります。

例えば、この線。

 

二重生命線 2

 

①の線は、始まりの部分が、生命線からています。

これは、KY線と呼ばれることもあります。

大胆で、行動的・冒険的な性格を表す線です。

 

②の線は、生命線の途中から出てくるような線です。

①とは反対に、慎重で用心深い性格を表す線です。

 

こういった線を持った人は、2つの面を持った性格の人だと言えます。

 

スポンサーリンク

 

知能線の数は、才能の数!!

 

知能線は、その人の才能・能力の数を表すと言われます。

これは、二重知能線の他にも。

枝分かれした、知能線の数能力・才能の数になります。

 

マイケルジャクソン 三重知能線

 

知能線の数でいえば、天才と呼ばれる人には、たくさんの知能線があったようです。

マイケル・ジャクソンには、3重の知能線があったそうです。

歌手だけではなく、ダンサー、俳優、音楽プロデューサー、振付師など。

いろんな才能を持っていた天才であったことが分かります。

 

アインシュタイン 知能線 支線 多い

 

アルベルト・アインシュタインの知能線には、たくさんの支線があったようです。

知能線の支線には、アイデアの数という意味合いもあります。

アイデアが豊富な様子をよく表しています。

 

①の横に伸びる線は、現実的な思考を表します。

②の斜め下(月丘)に伸びる線は、創造的・スピリチャル的な思考を表します。

アイデアの数だけでなく、その多様さ。

その多角的な物事の考え方がよく表れています。

 

知能線は、経験によって増える?

 

『私には、二重知能線ない・・・』

 

もし、がっかりされたなら、安心してください。

知能線の数は、経験によって増えます。

 

ある人は、何十種類もの仕事を経験してきたことで、新しい知能線が現われて二重知能線になったようです。

それは、いろんな仕事を経験することで、いろんな考え方や多角的な思考が身についたこと。

また、いろんなスキルや知識が身についたことを表していると言えます。

 

知能線は、後天的に増えます。

これは、手相全般に言えることです。

 

他人の素晴らしい手相を見て、

『私には、この人のような才能はない・・・』

そう諦めないでください。

 

手相は変わります。

生まれ持った特性は人それぞれです。

しかし、その人の特性は、その人の人生で磨かれることで、才能・能力になっていきます。

 

あなたには、あなたにしかない、生まれ持った良さがあります。

それをぜひ磨いていってください。

そして、今から、素敵な知能線をつくっていってください。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク