抜け出せない・・・

 

766db12db719a35a211dc6e657c8db60_s

 

なんか、ふいに悲しくなる。

悲しみを消せない。

悲しみから抜け出せない。

立ち直れない。

 

失敗や失恋、もしくは大事な人との別れ。

その出来事や存在が大きければ、大きいほど、その喪失感は大きく。

悲しみも大きいものです。

 

しかし、いつかは前を向いて進んでいかないといけない。

でも、なかなか抜け出せない。

誰でも、そういったことがあるのではないでしょうか。

どうすれば、悲しみを乗り越えることができるのでしょうか?

 

では、そもそも悲しみの役割ってなんでしょうか?

 

悲しみの役割

 

悲しみは、心の傷を癒すための時間を与えてくれています。

もしも、心の傷が癒えないまま、行動するとどうなるでしょうか?

よけいに、大きな傷を負ってしまうことにもなります。

 

また、悲しみは、自分の大事なものを失った喪失感から来ています。

つまり、自分の大事な価値観や、大事なもの、大事に思っているものを

しっかり見つめ直すきっかけをくれます。

その悲しみをきっかけにして、自分にある大事なものに気づく。

 

そのことで、その後の人生をより豊かに、幸せに生きるためのヒントをくれる感情でもあります。

悲しみを表現することで、周りの人に優しくされる。

そのことで、人の優しさに触れることがあります。

悲しみを乗り越えることで、他人の悲しみを理解することができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

身体で感じること

 

悲しみを乗り越えるための方法を紹介します。

1つ目は、悲しみを感じ切ることです。

そのためには、その悲しみを身体の感覚として感じてみましょう。

 

感情というのは、身体の感覚と深く繋がっています。

腹が立つ。胃がムカムカする。頭に血が上る。はらわたが煮えくり返る。etc・・・

感情を表す言葉は、身体の間隔から結びつけられたものが多いです。

思い出してみてください。

 

あなたが、恋をしたとき、そのドキドキは身体のどこで感じていましたか?

何かむかついているとき、そのイライラは身体のどこで感じていますか?

嬉しいとき、そのウキウキは身体のどこで感じていますか?

 

悲しみを感じているときの、そのときの何とも言えない、もの悲しさだったり。

虚しさ。喪失感。

それは、身体のどの部分にありますか?

ぜひ、その場所にある、その感覚をしっかり味わってみてください。

 

どんな想いや言葉が浮かんできますか?

その身体の部分が、発しているメッセージをぜひ、聞いてあげてください。

ぜひ、その部分を自分自身で抱きしめる、包み込むイメージを持ってみてください。

そうやって、感情を身体の感覚として感じ切ることで、心の傷は癒されます。

 

悲しみの乗り越え方~感謝する~に続きます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク