コントロールしようとすればするほど・・・

 

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

 

こんな経験はありませんか?

 

緊張しているとき、

『緊張するな』、『緊張なんてしてない』

と、コントロールしたり、無視しようとすればするほど緊張してしまう。

 

怒りが沸いたとき、

『怒ったらだめだ』、『怒ってなんかない』

と、抑えようとしたり、無視することで、モヤモヤが残る。苛立ちが増す。

 

悲しいときに、

『こんなの大したことない』『全然悲しくない』

と、ごまかしたり、向き合おうとしないことで、余計にむなしく感じたり。悲しくなる。

 

実は、感情はコントロールしようとすればするほど、大きくなることがあります。

また、その時は抑え込めたとしても、その感情は徐々に積み重なって、体の変調をもたらしたり、

心のバランスを崩してしまうことがあります。

最悪の場合、溜め込まれた感情は一気に爆発して、取り返しのつかないことになることもあります。

 

あなたの心の中に住む他人・・・

 

感情は、抑え込もうとすれば、反発してきます。

感情は、無視すれば、気づいてほしいあまり、悪さをしたり、イタズラをしたりします。

感情は、逆に、理解しようすることで、寄り添ってあげることで、治まってきます。落ち着きます。

 

これって、人間と一緒ですよね?

感情の場合は、より素直に反応してくれるので、『子ども』のようなものだと思ってもいいかもしれません。

感情は、あなたの心の中に住む他人です。

しかも、子どもです。

 

他人は、あなたがどれだけ無理やり言うことを聞かせようとしても、無視しても、コントロールできません。

もし、それが出来たとしても、どこかで爆発してしまうのは、わかりますよね。

子どもなら特に、心を閉ざしてしまったり。

非行に走ったり。

 

あなたの心も同じです。

無理やり言うことを聞かせようとすると、反発してきます。

無視すると、何とか気づいてほしくて、何らかの形でアピールしてきます。

抑え込むと、それは体調の異変や、心のバランスを崩す要因になります。

 

最悪、爆発して、非行に走ることになるかもしれません。

うつ病や、摂食障害、薬物依存、アルコール依存など。

少なからず、こういった感情を抑え込んだことも要因の一つであると思います。

 

スポンサーリンク

 

感情との上手な付き合い方!!

 

では、どうやって上手く感情と付き合っていけばいいのでしょうか?

これは、他人との関わり方と一緒です。

子どもとの関わり方と一緒です。

 

多くの人は、感情を『私』と捉えて、接します。

だからこそ、

 

自分の思い通りにしたくて、コントロールしようとしたり。

罵声を浴びせて傷つけたり。

きつく責めたり。

無視したり。

押さえつけたり。

 

そんな付き合い方をしてしまうわけです。

結果、自分自身で、その子(感情)を傷つけてしまうことになるわけです。

 

ならば、他人として、接してみることです。

子どもだと思って接してみることです。

 

その子がなぜ怒っているのか分かろうとしてみる。

なぜ、悲しんでいるのか分かろうとしてみる。

もし、寂しそうにしているなら寄り添ってあげましょう。

無理やり変えようとせずに、見守りましょう。

 

自分に厳しく、他人には優しくではなく。

自分に優しく、他人にはもっと優しく。

で良いのではないでしょうか?

 

自分に優しくできる人は、他人にも自然と優しくできます。

自分に厳しくしている人、責めている人は、どうしても他人にも同じことを望もうとしてしまいます。

他人に、表面的には優しくできていても、心が葛藤していることが多いです。

 

あなたの心の中には他人が住んでいると意識してみてください。

小さな子どもがいると意識してみてください。

それだけで、あなたの感情との付き合い方は大きく変わってきます。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク