周りからの大事にされてないと感じる人

 

良い人間関係を築く

 

あなたは、周りの人からどう扱われていますか?

 

自分は、なんだか雑に扱われている気がする。

大事にされてない気がする。

もっと大事にされたい!!

 

もし、そういう思いがあるのならば、最初に目を向けてほしいことがあります。

 

『自分がされて嬉しいことを他人にもしなさい』は嘘!?

 

コミュニケーションや人間関係の鉄則として、

『自分がされて嬉しいことを他人にもしなさい。』

『自分がされて嫌なことが他人にはしたらダメ。』

という言葉を聞いたことがあると思います。

 

これは、すごく良いことです。

ぜひ、私自身も大事にしたいことでもあります。

しかし!!

これよりも先に、一番に大事にしないといけないことがあるんです。

 

これをしないと、

他人には大事にしてあげるのに、自分は他人から大事にされないということが起こってきます。

もしくは、他人からの頼み事を断れない。

自分の意見を言えない。

 

そんな葛藤で、あなた自身が苦しんでしまうことになってしまいます。

他人に優しくしているのに、良くしているのになぜ!?

良い人間関係をつくりたいと思ってがんばっているのになぜ!?

 

スポンサーリンク

 

あなたが、あなた自身をどう扱っているか?

 

実は、あなたが他人からどう扱われるかは、あなたが自分自身をどう扱っているかがすごく影響しています。

 

【自分⇒自分への扱い】=【他人⇒自分への扱い】

 

あなたが、あなた自身のことを信頼できる人間だと思って接していると、

他人からも信頼できる人間として扱われます。

あなたが、あなた自身のことを価値のある人間だと思って接していると、

他人からも価値のある人間として扱われます。

 

逆に、あなたが、あなた自身のことを信頼できない人間だと思って接していると、

他人からも信頼できない人間として扱われます。

あなたが、あなた自身のことをダメな人間だと思って接していると、

他人からもダメな人間として扱われます。

 

鏡の法則』というのをご存知でしょうか?

私は、この法則は、

『外側に発信した想いや行動が自分に返ってくるもの』

だと思っていました。

 

つまり、他人への行いは、自分自身に返ってくるということ。

 

しかし、今は、それだけだはないと思っています。

『自分自身、つまり内側に発信した想いや行動は、周りに広がっていく。』

 

つまり、自分自身への行いは、中心で跳ね返って、周りに広がっていく。

 

他人がされて嬉しいことを自分にもする!!

 

人に優しくすることは、自分自身は入らないんでしょうか?

人って、他人だけじゃないですよね。

 

自分を批判している人は、他人を批判したくなります。

自分に厳しい人は、他人にも厳しくしたくなります。

でも、

自分の良さを認めている人は、他人の良さを認めたくなります。

自分に優しい人は、他人にも優しくしたくなります。

 

『自分がされて嬉しいことを他人にもしない!!』

『自分がされて嫌なことは他人にはしたらダメ!!』

 

その前に、まずは、

 

『他人がされて嬉しいことを自分にもする!!』

『他人がされて嫌なことは自分にはしたらダメ!!』

 

を意識してみませんか?

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク