気持ちの切り替えが苦手・・・

 

94f2304f914c5f2caa25b6cc510a0c5f_s

 

私自身、気持ちの切り替えが苦手で、かなり苦しんできました。

気持ちの切り替えが苦手な人は、考え過ぎちゃう人が多いです。

やっってしまった失敗や、起こった嫌なことをついつい考えてしまう。

そして、気持ちも引っ張られて、ツライ気持ちになりがち・・・

 

これは、やっぱり、もったいないことです。

生きていく中で、ツライ気持ちになる出来事もあれば、嬉しい気持ちになる出来事もあります。

その中で、過去に起こった出来事を思い出して、または切り替えられずにツライ気持ちになる。

わざわざ自分で、ツライ気持ちを引き起こして、引きずって生きるのはもったいないことです。

 

ここでは、上手な気持ちの切り替え方をいくつか提供したいと思います。

 

気持ちを切り替える方法~その1~

 

気持ちを切り替える方法の1つ目は、抽象度を上げることです。

これはどういうことかというと・・・

例えば、

昔から、失恋した人によく言われる言葉があります。

『男なんて、星の数ほどいるよ。』

 

または、星空や壮大な景色を見ることで、

『自分の悩みなんて、この宇宙に比べればちっぽけなものだ。』

こういうふうに思うことがあります。

これが抽象度を上げるということです。

 

視点を高くすること。物事を大きな視点で見てみること。

人は、何かに悩んでいるときは、どうしても目の前の問題しか見えなくなりがちです。

すると、その問題がすごく大きいような感覚に囚われてしまいます。

周りから見ると大した問題ではなくても、その人にとっては大きすぎて、抜け出すことが

難しいということが多いのはこのためです。

 

あなたが今、何か大きな問題を抱えているとしたら、ぜひ、大きい視点で見るようにしてみてください。

その問題は、あなたの人生全体から見て、どれくらい重要なことでしょうか。

日本人、人類、地球にとっては、どれくらいの大きさの問題でしょうか。

今の時代、たいていの問題は死ぬほどのものではないし。

 

命を奪われるものでもありません。

仮に、フラれても、浮気されても、離婚しても。

借金まみれになっても、破産しても。

生きていけます。

 

スポンサーリンク

 

気持ちを切り替える方法~その2~

 

気持ちを切り替える2つ目の方法は、最悪のパターンをイメージしてみることです。

世の中では、良いことだけをイメージすることが良く言われています。

確かにそれは、すごく大切なことです。

しかし、それだけでは、上手く前に進めない人もいます。

 

ブレーキが外せない人。

心の底で、前に進む勇気が抑えようとしている。

そんな人は、最悪のパターンをイメージしてみることで、意外とスッキリすることがあります。

『ああ、そんなもんか。』

 

見ないようにするほど、怖くなるものです。

自分で勝手に恐怖を生んでしまっているだけのことが多いです。

もし、上手くいかなかったとしたら・・・をしっかり見つめてみます。

すると、怖さが減ります。実体が見えるからです。

 

目の前の問題を見ようとしないと、見えない恐怖がでますが。

しっかり見ると、意外と思っていたよりも怖くないことがほとんどです。

『もし~だったら、どうしよう』

を一回、最悪のケースまで考えてみる。

 

そしたら、余計な怖さが治まるので、そのあとにプラス思考に移っていくと違和感が起こりにくいです。

 

人間は、もともとマイナス思考!!

 

c52b86a89acae882392d5479ebe64496_s

 

人間は、もともとネガティブな思考の持ち主です。

これは、今のように文明が発達する前、狩猟民族だったころ、

常に命の危険にさらされていたころからの本能です。

命を守るためです。

 

もし、この頃にポジティブ思考で、楽観的だったら、すぐに他の野生動物に襲われています。

『もし、~だったらどうしよう・・・』

という思考は、本能的に備わっているものです。

ただ、大昔のように命の危険にさらされていない今の時代には、邪魔になることが多いのは確かです。

 

一番大切なことは、どちらもあっていいものだと知ることです。

ネガティブが悪くて、ポジティブが良いというわけではありません。

ポジティブ過ぎても問題です。

生活にいろんな問題を抱えることになります。

 

それは、自分を守るため、大事な人を守るためにネガティブ思考、

つまり、リスクをしっかり考えることも大事だからです。

ぜひ、2つのバランスを大事にしましょう。

ポジティブもネガティブも必要と知ったうえで、両方とも大事にしてみてください。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

 

 

スポンサーリンク