感情は、自分でカンタンに変えられる!?

 

15edbfea23122101b2429300b6f14fe0_s

 

  • 落ち込みやすい
  • 怒りっぽい
  • 傷つきやすい
  • 不安になりやすい
  • 自信が持てない

 

そんな自分を変えたい!!

もっと明るくなりない!!

自信を持ちたい!!

堂々としたい!!

 

そういう気持ちを持っている人も多いのではないでしょうか。

でも、変え方がわからない・・・

ここでは、ちょっとしたことを変えるだけ!!

誰でもカンタンにできる感情のコントロール方法を紹介します。

 

感情を変えるための3つのポイント!!

 

自分の感情を変えるのには、3つのポイントがあります。

  1. 焦点(ものや出来事の見方)
  2. 言葉
  3. 身体の使い方

 

人間が、物事を感じるのは、目、耳、身体の感覚です。

このそれぞれを変えることで、感情も変わってきます。

では、1つずつ見ていきましょう。

 

焦点を変える!!

 

これは、ものの見方を変えることです。

人間は、目の前に起こる出来事を、自分だけの解釈で捉えています。

もしも、全く同じ出来事を体験した人がいたとしても、その人それぞれで捉え方、感じ方が全く変わってきます。

 

例えば、会社をクビになった人がいたとします。

ある人は、

 

『ああ、なんで私だけ!?』

『私は、運が悪い。』

『お先真っ暗だ!!』

 

と思う人がいます。

 

しかし、ある人は、

 

『これから、もっと良い仕事につける!本当にやりたい仕事ができる!』

『失業保険、退職金で、しばらくのんびりしよう。』

『自分で独立するチャンスが巡ってきた!!』

 

こう思う人もいるわけです。

出来事には、実は、色はついていません。

無色透明です。

その出来事に色をつけるのは、その人が普段からつけている色メガネです。

 

スポンサーリンク

 

質問を変えよう!!

 

この色メガネ、焦点を変えるカンタンな方法があります。

それは、質問を変えることです。

人間は、知らず知らずのうちに自分に質問をしています。

そして、その答えがその人の物の見方になり、感情になっています。

 

質問を変える方法は、簡単です。

自分にとって、マイナスな感情を抱いてしまう出来事が起こったとします。

このときに、よくしてしまう質問はこうです。

 

『なんで、こんなツイてないんだ。』

『なんで、わたしだけ。』

『なんで、わたしは、こんなにダメなんだ。』

 

当たり前に言ってしまいがちなことですが。

これらに返す答えを考えてみましょう。

もし、グーグルやヤフーで、これらの言葉を打ち込んだとしたら、どんな言葉が返ってくるでしょう。

 

残念ながら、

『そんなことないよ。』

とは、返ってきません。

その答えは、『私がなぜツイてないのか。なんで私だけついてないのか。なぜ私がこんなにダメなのか。』

これらについて、こと細かく答えを返してくれるでしょう。

 

人間の脳も同じです。

自分のした質問には、そのまま素直に答えてくれます。

だから、質問自体を変える必要があります。

 

プラスになる質問をしよう!!

 

何かマイナスに感じる出来事が起こった時には、こんな質問をしてみましょう。

 

『この出来事は、私にとってどうプラスになるか?』

 

その出来事が、マイナスにしか感じられないと思うときもあると思います。

そんなときも、この出来事の中で、プラスになることは何か?

という質問だけしてみてください。

 

勝手に、自分の脳が探してきてくれます。

この習慣を身につけるようにすると、自分のものの見方が変わってきます。。

すると、その時に感じる感情も変わってきます。

ぜひ、試してみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク