中指の付け根のふくらみ

 

土星丘

 

中指の付け根のふくらみを、手相では、『土星丘』と呼びます。

中指は、土星のエネルギーを受ける場所と言われます。

なので、土星に関する意味を表す丘だと言えます。

 

では、土星丘の意味や由来

その手相の見方について紹介していきます。

 

土星の神様『クロノス』

 

201008261300_3

 

土星のことを英語では、『サターン』と呼びます。

これは、神様に由来した名前になります。

ローマ神話では、農業の神様『サトゥルヌス』。

ギリシャ神話では、時の神様『クロノス』という神様が由来になっています。

 

クロノスという神様は、神々の父と呼ばれています。

ゼウスをはじめ、ポセイドンやプルトン、ヘラなどの有名な神様の父親です。

また、ギリシャ語で『時』を『クロノス』と呼ぶように、時の神様と呼ばれています。

農業の神様としても有名です。

 

ティターン神族という巨人族の王で、ウラヌスという父親から王座を奪い、世界の支配者になりました。

ただ、その時に、

『お前も同じように子供に王座を奪われる』

という予言をされたと言います。

 

その後、子供が生まれるたびに、予言を恐れて、次々に子供を飲み込んでしまいます。

しかし、妃がこの子だけはと、石とすり替えることで、生き延びた子がいました。

それがゼウスです。

最後は、成長した息子のゼウスにより、王座を奪われる形で殺されてしまうという形になってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

土星丘の意味

 

土星丘には、真面目、孤独、追究、慎重、思慮深いなどの意味があります。

また、自分の世界観が現われる場所だとも言われています。

 

土星丘の真面目さや追究などの部分は、農業の神様という部分に通じるのではないかと思っています。

また、慎重さや、思慮深さは、予言を恐れて子供を次々に飲み込んだクロノスの慎重な性格の表れではないでしょうか。

 

そして、土星丘に関する線として有名なのは、『運命線』です。

これは、その人の運命を表す線です。

まさに、クロノスが、時の神様であるという部分を強く反映しているのではないでしょうか。

 

丘の発達具合を見る

 

土星丘 ふくらみ

 

簡単な手相の見方として、まずは丘の発達具合を見ることです。

丘のふくらみが豊かなほど、その丘の意味を強くします。

 

土星丘がよくい発達した人は、真面目、孤独が好き、思慮深い、慎重、努力家、職人肌である傾向が強いようです。

思慮深く、分別がある大人な人に多いようです。

この部分が強く出過ぎると、一人がいるのが好きで、人と関わらない生活を送りがちになります。

逆に、発達が弱いと、慎重さや冷静さに欠ける部分が目立つようです。

 

丘に現われる線

 

土星丘に向かう線

 

簡単な手相の見方としての2つ目は、線を見ることです。

 

代表的なものは、運命線です。

運命線は、『その人の生き方を表す』と言われています。

その人の生き方の傾向であったり。

その人の人生や仕事の開運時期や結婚の時期などを教えてくれる線でもあります。

 

また、他の線や、場所から土星丘に向かって伸びる線は、ほとんどが吉線です。

開運を表す線が多く、その線の場所によって、開運時期がわかります。

 

手相に現われる線は、基本的には、縦線吉線であり。

横線停滞の線です。

土星丘の場合も、基本的にはその通りの見方をします。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク