財運線ってなに?

 

財運線 水星丘

 

小指の付け根のふくらみのことを、手相では、『水星丘』と呼びます。

金運や子宝、商売運、コミュニケーション能力などの意味を表す場所です。

 

この場所に現われる縦線のことを、『財運線』と呼びます。

その名の通り、財運や金運など、お金に関することを表す線になります。

この線の本数や、長さ、濃さ、始まる場所などによって、意味が変わってきます。

 

スターってなに?

 

木星丘 スター

 

スター』とは、短い線が密集して出来る幸運を表すサインになります。

スターは、掌のどの場所に現われるかによって、意味が全く異なってくるようです。

 

基本的には、幸運を表すサインです。

掌のふくらみ、丘という部分に現われるスターは、幸運を表します。

マリオのゲームに出てくるスターのような、イケイケの無敵状態に近いようです。

しかし、ゲームと同じで、油断しすぎると、思わぬ落とし穴に落ちることがあるので、注意も必要です。

 

感情線 スター

 

このスターには、例外があります。

生命線、知能線、感情線の上に現われた場合は、中断・停滞という意味を表すようです。

クロス(バツ印)と同じ意味になります。

 

スポンサーリンク

 

財運線に現われたスターはどんな意味?

 

財運線 スター

 

財運線に現われるスターは、金運の絶好調を表すサインです。

財運線の始まり方や状態によって、意味は多少変わってきますが、金運が絶好調なのは変わりません。

 

しかし、金運が好調だからと気軽に投資したり、もしくは、散財することはおススメしません。

投資を始めるにも、最低限の知識やスキルは必要です。

事業を起こす場合にも同じです。

 

スターは無敵状態ですが、ゲームと同じで、思わぬ落とし穴も存在します。

ぜひ、自分をしっかり見つめたうえで、本当にやりたいことに金運を使ってください。

お試しで、宝くじを買ってみたりというのは、良いと思います。

 

財運線で分かる、あなたのお金の才能

 

財運線では、あなたのお金にまつわる才能がわかります。

今回は、いくつかのパターンを紹介します。

 

財運線 小指 真ん中

 

1つ目は、小指の真ん中に向かって、真っすぐ伸びる財運線です。

 

この線を持つ人は、倹約家で、コツコツとお金を貯めるのが得意な人です。

無駄遣いが嫌いな人である傾向が強いようです。

また、長い財運線の人は、長く貯蓄するのが得意な人

短い財運線の人は、一定期間、目的があって、集中的にお金を貯めるのが得意な人である傾向があります。

 

財運線 小指 薬指

 

2つ目は、薬指と小指の真ん中に入っていく財運線です。

この線を持つ人は、投資能力に優れた人が多いようです。

事業や不動産、株などに投資して、利益を上げている人が多くいます。

 

ギャンブル運もある人で、話し上手で説得力のある人が多い傾向にあるようです。

商売上手な人だと言えます。

 

財運線 複数

 

3つ目は、複数本ある財運線です。

財運線が多い人ほど、浪費家の傾向があるようです。

強い財運線が何本もある人は、使っても、お金がドンドン入ってくる人

逆に、弱い財運線が何本もある人は、入ってくる分だけすぐ使ってしまう人、お金が残らない人に多いようです。

 

しかし、お金を使うことは悪いことではありません。

お金を何に使うかが大事です。

 

弱い財運線の人は、ぜひ、自分の価値を高めることにお金を使うようにしてみてください。

それは、何か資格をとってみることでも良いし。

何か、極めたいもの、興味があることへの学びでも良いと思います。

 

それが、あなたの人生を幸せに向かわせるもの、自信になるものなどにお金を使うようにしてみると、良いかもしれません。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
下記のバーナーからクリック頂き、ランキング応援して頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク