『引き寄せの法則』とは?

『引き寄せの法則』は、

「ザ・メタ・シークレット」の中では、
『バイブレーションの法則』と呼ばれています。

また、著者によっては『波動の法則』とも呼ばれています。

『引き寄せの法則』とは、何なのか?

端的にいえば、
「自らが発してる波動と同じ波動を引き寄せる」
という表現でいいかと思います。

「ザ・メタ・シークレット」では、
『すべては振動し、その共鳴により引き寄せが起こる』
と表現されています。

日本のことわざの中に、
『類は友を呼ぶ』
という言葉があります。

このことわざは、
まさに『引き寄せの法則』のことを指す言葉だと言っていいでしょう。

現代科学が解き明かす『引き寄せの法則』

https://www.youtube.com/watch?v=-EYmgL8kD2g

量子力学の研究によって、
僕らの身体、身の回りの物質の、構成要素のエネルギーの最小単位は
『量子』
と呼ばれています。

この『量子』は、

  • 粒子

の2つの性質を持っています。

「二重スリットの実験」は有名です。
ミクロレベルで観ると、僕ら自体が「波動」だとも言えると思います。

『エネルギーフィールド』と『電磁界』

神経が電気信号によって情報伝達を行っているのは、
学生時代に学んだ記憶のある方も多いでしょう。

磁界は磁石の周りだけでなく、電気的には電流が流れている物の周りには必ず磁界が発生しています。

ということは、人間の周りにも電磁界、電磁場が存在してるとも言える。
スピリチュアル用語で、『エネルギーフィールド』と呼ばれるものは、この人間の周りにある 電磁界、電磁場と同様のものだともいえると思います。

大阪大学大学院 医学系研究科 大阪大学大学院生命機能研究科 統合生理学 教室
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/phys2/okamura/research/history.html

北海道電力ホームページ
https://www.hepco.co.jp/corporate/environment/electromagnetic/magnetic.html

人間そのものが『磁石』

ポジティブな感情は他の人の身体にも影響を与える
さて、ここまでの話をいったんまとめよう。まず感情は脳だけで生成するものではなく、心臓と脳のチームワークで生成されるものだというポイントが一つ。2つ目のポイントは、特に心臓が発信するポジティブな感情の電磁波は、脳をシンクロさせ、身体の細胞すべてをシンクロさせる、ということ。3つ目は、電磁波は自分の身体だけではなく、近くにいる他人の身体にも到達する、ということ。
この3つのポイントを踏まえると、電磁波が自分の身体の隅々にまで影響を与えるのなら、近くにいる他人の身体にも影響を与えているのではないだろうか、という疑問が浮かび上がってくる。それがこの論文のテーマだ。

https://aishinbun.com/clm/20181129/1855/

この記事、そして紹介してある論文には、
心臓が電磁波を発していること。
人の周りに電磁場が生じていることを論じています。

さらにもっと触れたい話題が紹介されてますが、今回は置いておいて。

人間って、そのまんま『磁石』なんですよね。

科学的な視点から、
『波動』の存在であるし。
『磁石』だし。

『目に見えないエネルギー』を発している。

しかも、『思考と感情』によって、発する周波数が変わり、自分だけでなく、他人にも影響を与えることが分っている。

『引き寄せの法則』の勘違い

『引き寄せの法則』が上手くいかない、活用できない
ってなってる人の共通点があります。

それは、
まるで『引き寄せの法則』にON・OFFのスイッチがあるかのように勘違いしていることです。

「重力にON・OFFのスイッチがあるでしょうか?」

ないですよね。

ここまで見てきたように、
『引き寄せの法則』は、
科学的な見地からも解説がされるようになってきているものです。

『宇宙の原理・原則』

そこに都合の良いON・OFFのスイッチはありません。

誰にでも平等に働いています。
誰でも24時間365日、『ON』状態です。
24時間365日、引き寄せています。

だからこそ、
『引き寄せの法則』
を理解し、上手に利用できる、活用できるようになることは。

自分の思い通りの人生を生きるために
幸せに生きるために
夢を叶えるために

必須事項だと思います。

『引き寄せの法則』の活用法についての記事も用意していますので、ぜひ、理解して、活用できるように学んでいきましょう。