人相で見る、ほくろの意味

 

 

ほくろって、人相占いでは、どんな意味になるのか?

気になる人もいるのではないでしょうか。

 

人相学においては、

「ほくろ」

は、

「穴」

として見ると言われています。

 

例えば、顔の中で、財運を表す場所であれば、

そこに「ほくろ」があるというのは、

例えば、

『穴が開いてる財布』

です。

 

なので、基本的には、

その部位が表す意味にとって、マイナスな作用。

押さえる作用があるとされています。

 

ほくろの大きさで変わる、吉凶

 

ホクロにも、大きいもの・小さいもの、ありますよね。

 

顔にあるホクロの中で、

直径2.5ミリ以上の大きさで黒々と艶のあるホクロは、吉ボクロと言われています。

その条件に合わないホクロは、上記に書いたように『穴』です。

 

ただ、例外として。

眉の中にあるホクロは、小さいホクロが吉です。

 

顔から下の身体に現われるホクロの場合も、

顔に現われるホクロの吉凶とは逆の意味になります。

小さいホクロのほうが、吉ボクロになります。

 

スポンサーリンク

[gads]

 

ほくろが多い顔は、穴だらけ?

 

『えっ!待って。ホクロが多い顔の多い私は、穴だらけってこと??』

『私の顔って凶顔なの??』

 

そう心配になっった方も多いかもしれませんね。

僕自身も、顔のホクロは多いほうなので。

ちょっと心配になりましたが。

 

実はですね。

はい。

安心してください。

 

そう。

ホクロの多い顔のあなたは、

まさに。

『穴』だらけです。

 

そう。

穴だらけなんですけど。

ここからが大事なところ。

 

凶顔ってことじゃないんです。

顔にたくさんホクロのある人は、

『吉凶なし』

として解釈されるようです。

 

財運を表すのは、『鼻』なんですが、

鼻に1個あるホクロは、まさに穴の開いた財布なんですが。

それ以上ある場合は、

『いくつも穴が開いてる財布を持ってる』

ってことは、逆に用心深い。

 

免疫が出来てる。

 

と解釈されるようです。

 

他の分野でもそうです。

なので、

ホクロが多い=凶

ではないので。

 

気にしないようにしてくださいね。

 

顔のホクロは、現れる場所によって意味が変わる

 

ほくろの多い・少ないでは、なかなか判断できないので。

 

ホクロが、顔のどこの位置にあるのか?

いくつあるのか?

大きさは?

 

で見るといいと思います。

すると、その部位の特徴的な性格・性質もありますし。

金運や恋愛運の運勢的な見方も出来ます。

 

このブログでも、

顔の各部位にあるホクロの意味

を紹介していきますので、ぜひのぞいてみてくださいね。

 

 

[gads2]

 

スポンサーリンク

[gads]