手相の見方~運命線で分かること~

運命線は、その人の生き方・人生の流れを表す線だと言われています。

〇生き方のクセ

〇年齢によって起こる出来事

〇転機・開運時期の年齢

〇出会いの時期の年齢

などなどが分かります(^^)/

今回は、運命線で分かる、年齢ごとの転機・出会い・出来事の見方

を紹介していきたいと思います。

運命線の意味

運命線は、中指に向かって伸びる線のことを言います。

この中指の付け根のふくらみのことを、『土星丘』と呼びます。

運命線は、この『土星丘』の意味を含んでいます。

『土星丘』は、土星の意味を持っています。

水星の神さまは、ギリシャ神話で『クロノス』という巨人の神様です。

この神様の、性格や物語と密接な意味を持った場所が、『水星丘』です。

コチラの記事に、詳しく書いているので、よかったら見てくださいね(^^)/

https://xn--b9juc3d046ocpk.com/?p=1096

『水星丘』には、『自分の世界観』を表す意味があります。

なので、その場所に向かう線である、

『運命線』は、その人の世界観、人生を表す線になります。

運命線の年齢の見方

運命線の年齢は、画像のように、

手首から指に向かって、年齢が進んでいきます。

手首の線~中指の付け根のちょうど半分のところが、

30歳になります。

その点を基準にして、4分の1で21歳、そのまた半分で25歳となります。

35歳のところは、ちょうど知能線と交わるところ。

52歳のところは、ちょうど感情線と交わるところ。

が基準になります。

ぜひ、参考にしてみて下さいね(^^)/

運命線に現われる、サインのいろいろ

運命線の年齢の場所が分かったところで。

次に見るのは、どの年齢の場所に、どんなサインが出ているかということです。

いろんなサインがありますが。

今回は、代表的なサインをいくつか紹介します(^^)/

これは、『出会い』を表す線になります。

大きく、はっきりした線ほど、人生に大きい影響を与えた出会いである可能性が高いです。

人によって、出会いの種類は様々です。

恋人や結婚相手であったり。

ビジネスパートナーや、人生のメンターとの出会いであったりもします。

なんにせよ、人生においては、重要な出会いを示すサインです。

この線と同じ場所、もしくは生命線で見て同じ年齢の場所に、

恋愛・結婚に関するサインが出ている場合は、結婚・婚約などの可能性が高いようです。

 

運命線から、枝分かれして、指先に上っていく線は、

『開運・転機』を表す線だと言われています。

向かう指によって、意味合いが変わってきます。

【薬指】⇒人気、成功、幸せ、恋愛

【小指】⇒商売、財運、子宝、コミュニケーション

【人さし指】⇒夢の実現、目標達成

といった意味になっています。

運命線が、切り替わっている、切れているところは、人生の転換期を表すと言われています。

引っ越しや、転職、結婚など。

環境が変わる年齢を表しています。

いかがでしたか?

他にも、色々サインがあります。

気になる方は、他の記事も読んでみて下さいね(^^)/