生命線で、何がわかるの?

ここでは、生命線の見方について説明していきたいと思います。

生命線は、手相の線の中でも特に重要な線だと言われています。

それは、生命線を読み取ることで、その人の人生に関わる多くのことが

わかるからです。

生命線では、主に、その人の健康や体力、行動力など。

生命力に関する部分が主に読み取ることが出来ると言われています。

その人の情熱や活発さなど、性格の要素も表れる部分です。

また、生命線に表れる開運線や障害線、島や補助線など。

様々なサインから、過去や未来の出来事も読み取ることが出来ます。

なので、恋愛や結婚の年や、開運時期、逆に悩む時期なども読み解くことができます。

さっそく、生命線の詳しい見方について説明していきます。

生命線の長さ

まず、生命線の長さによって、その人の情熱や体力を見ます。

長い生命線を持つ人は、積極的で、情熱的

年老いても、比較的、元気な傾向にあるようです。

その反面、おせっかいな性格であったり、けんかっ早い性格が多いようです。

短い生命線の人は、平和主義な人で、争いを好まない人が多いようです。

また、あっさりした性格の持ち主の傾向が多いです。

その反面、闘争心が少なかったり、消極的な性格の傾向があるようです。

ちなみに、生命線の長さ=寿命の長さではありません。

短い人も安心してください。

また、生命線が短い人でも、二重の線になっていたり、長い運命線があったりと。

補う線があると、その意味も補います。

生命線の張り出し

生命線の張り出しで分かるのは、その人の行動力の強さです。

張り出しの強い生命線の人は、積極的でパワフル

リーダーシップを発揮しやすい性格であることが多いです。

その反面、頑固だったり。融通が利かない一面があったりします。

張り出しの弱い生命線の人は、優しく、おとなしめの性格の人に多いようです。

創作能力が高く、深く考えることが得意な傾向にあります。

その反面、遠慮がちだったり。感情表現が苦手だったりします。

生命線の濃さ

生命線の濃さは、自己主張の強さを表します。

濃い生命線の人は、自己主張が強い傾向にあります。

その反面、執着が多きく、手放すことが苦手な部分があるようです。

薄い生命線は、自己主張が弱い傾向にあります。

その反面、執着が小さく、手放すことが上手な部分があります。

手相に表れるもの

生命線は、主に長さ、張り出し、濃さの3つで見ます。

ここで大事なのは、それぞれに良い・悪いはないということです。

そのため、あえて長所と短所の2つの部分を書いてます。

手相が表すものは、その人の資源であり、能力です。

それがプラスに働けば、長所になり。

マイナスに働けば、短所になります。

バランスがとれていれば、長所になり。

度を越えれば、短所になります。

そういう見方で、ぜひ見ていただくと、あなたにとって手相は役立つものになると思います。